クリップボード履歴ソフトCliborを公開中!

Q&A

Q&A

Cliborに対するQ&Aです。

目次

Cliborはフリーソフトですか?

はい、フリーソフトです。こちらよりダウンロードしお使いください。
一応ご利用規約を一読してください。

新しいバージョンにしたいのですが

最新のCliborをダウンロードし、Cliborが起動していない状態で、ファイル(Clibor.exeなど)を全て上書きしてください。
バージョンアップの際に保存データを変換する場合があります。前のバージョンや失敗時に戻すことができません。
※バージョンアップ前には必ずClibor全バックアップを行なってください。

バージョン履歴は?

更新履歴をご覧ください。

アンインストールしたいのですが

レジストリは使用しておりませんので、フォルダごと削除してください。

ツールチップや定型文マクロなどの表示形式の日付のフォーマットについて

変換についてはDelphiという言語のFormatDateTimeで行います。
例えばyyyyで西暦4桁で表示されます。詳しくは「Delphi FormatDateTime」で検索してください。

表示形式が難しいです

表示形式はタグで設定できますが、「こういう表示がしたいが難しい・・」という方は、Amunsまでご連絡いただければ表示形式をお知らせしますのでご連絡ください。

保存データは暗号化されているのですか?

デフォルトの設定では暗号化されています。
オススメは、暗号化+起動パスワードの設定です。
そうすることにより、他人に保存ファイルを見られてもわかりにくくすることが可能です。
パスワードについては、忘れた場合は起動ができなくなりますので、忘れないようにしてください。
暗号化については必ずデータ流出などを防ぐものではなく、解読されないとは限りませんのでその点はご了承ください。

挙動がおかしいのですが。または要望があるのですが

ContactよりAmunsまでご連絡ください。
お手数ですがお問い合わせいただく際は、なるべく詳細にお伝えください。
単に「おかしい、動かない」などの内容では返信のしようがありませんので、よろしくお願いいたします。

Clibor.exeをダブルクリックしても何も起こらない

Cliborは常駐型アプリですので、ダブルクリックをしても何も起こらないように思いますが、ちゃんと起動し常駐しています。
タスクトレイに格納されます。詳しくは以下のページをご覧ください。
基本操作1

まずはCtrlキーを二回素早く押してみましょう。オレンジ色のメイン画面が表示れるはずです。

バックアップについて

バックアップは定期的に行なってください。
「Clibor全バックアップ」機能を使用し、バックアップしてください。
詳しくはこちら

万が一トラブルでデータを戻したい場合は、バックアップしたファイルをそのまま使用することで戻すことが可能です。

メイン画面の文字サイズを大きくしたい

設定画面の基本動作->フォントから、メイン画面ボタンをクリックします。
その後、フォントサイズを変更することにより、大きくすることが可能です。
これは、ツールチップや検索ボックスも同様です。

コピー時に他のアプリでクリップボードエラーが発生する

例えばエクセルやPDFファイルの文字列をコピーした場合などに、クリップボードエラーが発生する場合があります。
(クリップボードを扱うソフトなどを使用している場合)
その場合は、設定のクリップボード->更新の遅延させる設定を行なってください。
100ミリ秒程度を設定してみて、エラーが発生しなくなればOKです。
まだ発生する場合は増やしてみて調整してみてください。

指定時間より古い履歴を削除したい

起動パラメータより可能ですので、「起動パラメータについて」を参照してください。

高度なマウスジェスチャーを使いたい

起動パラメータでほとんどの動作が可能ですので「マウスジェスチャーとホットキーの使用例」を参照してください。

正規表現の仕様について

Prel 5.14 互換です。

Cliborでは以下の正規表現を使用しています。

http://skregexp.komish.com/

以下のマニュアルに詳しい説明があります。

http://skregexp.komish.com/docs/%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E6%A7%8B%E6%96%87%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7/

企業で利用したい

Cliborはフリーソフトです。フリーソフトとして通常のご利用であれば、個人・法人に限らず自由に使用することができます。

(企業でも個人でもご自身のパソコンにインストールしてご利用いただくのは問題ありません)

詳しくは利用規約をご覧ください。

また不明点がありましたらContactよりご連絡ください。

文字が横向きになってしまう

以下のように文字が横になっている場合、フォントの指定を変更して下さい。

設定→基本動作→フォントより、「@」アットマークが先頭に付いているフォント名を選択すると、横向きになります。
先頭にアットマークのないフォントを選択して下さい。
サンプルを参考にすると分かりやすいと思います。

Cliborのクリップボード履歴が消えてしまう

以下の場合、クリップボード履歴がうまく保存できない場合があります。

1.シャットダウン時に強制終了を行う
参考:http://support2.microsoft.com/kb/2360655/ja
2.PCがフリーズなどし、強制終了した

CliborはPC終了時(というかClibor終了時)にデータを保存するため、上記のように強制的に終了された場合に、うまく保存できないケースがあります。1の場合は、強制終了せずに待ちましょう。

定型文データや設定については、PC終了時に保存はしておらず、消えてしまうことは無いと思います。

その他、確実にデータが消える手順がありましたら、ご連絡ください。
また、定期的にバックアップされることをおすすめしております。(Clibor全バックアップ機能)

IEでFIFOが正しく動作しない不具合について

IEでFIFOが正しく動作しないという件ですが、
原因はIEの保護モードによるもので、有効の場合FIFOが正しく動きません。
ただし無効にするとセキュリティリスクがあり、現状では有効な解決策はありません。
(無くはないのですが、対応予定はありません)

Clibor起動時にエラーになる

ダウンロードしたClibor.zipは、必ず解凍してから使用してください。
Clibor.zipの中のClibor.exeをダブルクリックし、以下のメッセージが表示された場合、そのまま実行はできません。

以下のようなエラーになります。

エラーにより起動できませんでした
ClbHook.dllが存在しません

展開後、使用してください。

ツールチップの「bytes」という文字を「文字」に変更したい

設定→その他の「文字のカウントはバイト数ではなく文字数にする」にチェックを入れても
ツールチップの文字数の単位は「bytes」のままです。
お手数ですが下記より手動で変更してください。

設定→ツールチップ→表示の「クリップボード履歴のツールチップ表示形式」を下記に変更
<$CLB_HDATE>yyyy/mm/dd hh:nn:ss</CLB_HDATE>(<$CLB_LEN_CLIPHIST/> 文字)<$CLB_CRLF/>–<$CLB_CRLF/><$CLB_CLIPHIST/>

メイン画面上でShift+ホイールで透過率を変更したのに設定が保存されない

Clibor終了時の設定ファイルへの保存を止めたために、Shift+ホイールで透過率は保存されません。
お手数ですが、設定画面より変更してください。

Cliborがカスペルスキーでウィルス隔離される

ユーザ様よりご報告をいただきました。
Cliborは安全なソフトウェアです。信頼済みにしてご利用ください。

Clibor起動時にホットキーのエラーが表示される

Clibor起動時に、以下のようなエラーが表示される場合があります。

20160210_001

エラーにより起動できませんでした
ホットキーの登録に失敗しました

Cliborはデフォルトで、起動時にCtrlキーをホットキーとして使用します。
他のアプリケーションでCtrlキーをホットキーとして使用している場合にこのエラーになります。
(Clibor同様に、Ctrlキー二回押しで何か動作するアプリなど)

その場合は一度、他のアプリを終了し、Cliborを起動してください。
その後、Cliborの設定画面よりホットキーを変更してください。

Clibor起動時にSmartScreenによって保護される

Clibor.exe実行時に、WindowsのSmartScreenによって保護される場合があります。

20161009_001

問題を起こすということはなく、単に発行元が不明という理由で保護されます。
Cliborは安全なアプリですので、詳細情報をクリックし、実行してください。
一度この手順を行うと、次回からはSmartScreenによる保護はされなくなります。

20161009_002

Clibor 1.0.x系からver2.0.0へのアップデートについて

Clibor1.0.x系からver2.0.0へのアップデートはサポートされません。
アップデート時に以下のようなエラーが表示されます。

エラーにより起動できませんでした
お使いのバージョンのCliborからはデータ移行できません。
一度ver1.4.9へのバージョンアップ後か、または新規でCliborをお使いください。

2016-10-10_20h49_17

この場合は、一度こちらから旧バージョンのClibor 1.4.9をダウンロードし、1.4.9へアップデートした後に、ver2.0.0へバージョンアップしてください。

C:\Program Filesへの保存について

Cliborはレジストリを使用しませんので、任意のフォルダへ展開し使用することができます。
ただし、C:\Program Filesへの保存は避けた方が無難です。

C:\Program Filesへ展開した場合、WindowsのUACの機能により、Cliborの保存データは以下へ移動されます。
C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\clibor

この状態で何ら問題なく使用することは可能ではありますが、保存フォルダが別になるため分かりにくいかと思います。
ですので、Program Files以外のフォルダへ展開し、ご利用することをおススメします。

ノートPCのマウスパッドのピンチ操作でCliborが表示される

ピンチ操作を行うと、「Ctrl」と「+」キーが送信され、ホットキーのCtrl二回押しに反応してしまう場合があります。
その場合は、Cliborのホットキーを別なものに変更してください。

コピーをしてもCliborの履歴に保存されない

まずは、タスクトレイのCliborを右クリックし「クリップボード監視の停止」にチェックが入っていないことをご確認ください。

また、同じくタスクトレイを右クリックし「クリップボード履歴の除外リスト」や「クリップボード履歴の監視ウィンドウ」
をご確認ください。
何か設定している場合は、設定が間違いないか、あるいは一度設定を削除してご確認ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

サイトについて

Cliborに関する匿名のアンケートやご要望はこちらからCliborアンケート


Amunsへ直接のお問い合わせはこちらからContact

寄付のお願い

Cliborはフリーソフトですが寄付歓迎です。 →寄付のお願い
PAGETOP
Copyright © amuns:code All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.