クリップボード履歴ソフトCliborを公開中!

FIFO/LIFO

FIFO/LIFO

FIFO/LIFOによる貼付けが可能です。

FIFO/LIFOによる貼付け

タスクトレイを右クリックしそれぞれのモードを選択します。
FIFO/LIFOモード中はタスクトレイのアイコンが変わります。
この間に複数テキストをコピーします。
Ctrl+Vで押し貼りつける際に、コピーした順番で貼り付けられます。
(Shift + Insertでも可能です)

clibor_fifo

FIFO/LIFOの違い

FIFOの場合は、最初にコピーしたものが最初に貼り付けられます。
LIFOの場合は、最後にコピーしたものが最初に貼り付けられます。

FIFO/LIFOモードについて

FIFO/LIFOモード中にメイン画面を表示すると、ストックされている一覧が表示されます。
一番先頭にあるものから貼り付けられます。

設定によりFIFO/LIFOモードを、ホットキーで切り替えたり動作を変更できます。

FIFOの途中で挿入・編集・削除

FIFOモードの途中で、データを挿入したい場合や、編集したい場合などは、右クリックメニューから可能です。

コピペ間違いの際に、途中からデータの変更が可能です。

FIFOの貼り付けのやり直し

FIFOで貼り付け(Ctrl+V)をした際に、うまく貼り付けられない場合があります。

その時にFIFOのデータは一つ消えますが、「貼り付けを一つ戻す(Ctrl+Shift+Z)」でやり直しが可能です。

間違った場合に、戻せますので楽になります。

 

定型文に予めFIFOを登録

以下の文字を定型文に登録すると、定型文から直ぐにFIFOモードに切り替えが可能です。

<$CLB_TFIFO/>
<$CLB_DT>AAA</CLB_DT>
<$CLB_DT>BBB</CLB_DT>

AAAとBBBにFIFOに使いたい文字を入れていきます。何件でも登録は可能です。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

サイトについて

Cliborに関する匿名のアンケートやご要望はこちらからCliborアンケート


Amunsへ直接のお問い合わせはこちらからContact

寄付のお願い

Cliborはフリーソフトですが寄付歓迎です。 →寄付のお願い
PAGETOP
Copyright © amuns:code All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.